キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 ネット証券と NISAの影響 : 株の始め方びっくり情報

ネット証券と NISAの影響

株の始め方びっくり情報

一年目は「様子を見てみる」とか「勉強期間だ」くらいに、ゆったり構えた株の始め方が得策かもしれません。NISA制度は10年間続くことですしね。

ネット証券と NISAの影響

今くらい環境が整っていることは過去にはなかったのではないでしょうか?

株取引を始めようと思うきっかけは人それぞれですが、きっかけとしては、

1. ネット証券会社が増えた

2. NISA(ニーサ:少額投資非課税制度)が導入された

の2つがやっぱり大きいでしょう。

NISAは2014年に導入されましたが、2016年からは非課税投資枠が拡大して毎年120万円になります。

株投資の活発化をさらに後押ししてますね。

NISA効果により、一般の人にとって株取引が銀行預貯金や保険会社の養老保険のように身近なものになることを予測してネット証券が増えたのか。

それとも、ネット証券の増加に後押しされて、NISAのような制度が導入可能となったのか。

どちらが先かは分かりませんが、二つが現在のブーム作り上げている両輪となっているのは間違いないでしょう。

株の始め方はあらゆるメディアで取り上げられています。

政策には必ず意図というものがあって、効果的な制度利用方法が存在するのが普通です。

NISAの場合は、短期の売買を繰り返すと非課税枠を簡単に使い切ってしまうので長期投資をする方が良いといった記事をネット上でよく見かけませんか?

非課税枠の再利用不可をその根拠として。

それについて、あくまで個人的な意見ですけれど、それがそもそも『枠』と呼ばれるものではないでしょうか?

非課税投資枠が年間120万円で、その内の50万円を使って株式を購入(この時点で残りの非課税枠は70万円)。

同年内に売却したからといって「もう株を持ってないから、その分50万円が復活して、非課税投資枠は120万円に戻る。」と考える人はいないでしょう?

それは『枠』と定義されるものじゃないです。

始め方としては、一年目は「様子を見てみる。」とか「勉強期間だ!」くらいに、ゆったり構えた方が得策かもしれません。

制度は10年間続くことですしね。

Copyright http://www.winnercivi.com/ All Rights Reserved.